断熱・気密性能の比較

現在のページ
栃木県の注文住宅 菅野建築 > SUGANOの家づくり > 性能へのこだわり > 断熱・気密性能の比較

「一年中、家中どこでも快適な家」断熱・気密がカギでした

高い断熱性能・気密性能には確かな理由があります

SUGANOの家づくり

夏の暑さや冬の寒さなど、気候に影響されることなく、いつでも快適な環境を保つには住宅の断熱性能と気密性能が大きく関わっています。

一戸建てを建てようと考えるとき、皆さんは何から計画を始めますか?デザインから?価格が安いから?間取りから?

「住宅はやっぱり外観デザインとか間取りなどのセンスよね!あとは値段。」

本当にそれだけでスタートしていいのでしょうか?デザインも間取りも価格も大事だけど、一緒に住む家族の為に住まいは快適(住み心地)でなければならないと思いませんか?

外観デザインや間取り、価格は当然大事です。でもその前に一番大事なのは目に見えない所が大事ではないでしょうか?
快適さ(住み心地)があるからこそ永く住めるポイントになるのではないでしょうか?

住まいの快適さは、省エネ性能の差

熱損失係数と相当隙間面積

断熱と気密

高性能住宅は、断熱材そのものが高い断熱性を持っていなければ、冬の暖房や夏の冷房による室内の空気が自然と逃げていきやすくなります。また、断熱性だけではなく気密性が低くては隙間から空気が逃げたり、入ってきたり外気の影響を受けやすくなります。

住宅の断熱材は、室内から室外に、また逆に室外から室内に、熱が動くときの壁となって遮ろうとします。よって、省エネ住宅の基本は、まずは高い断熱性能のある家が前提条件です。

想像してください。
魔法瓶を思い出してください。熱湯を入れたり氷水を入れたりしても、時間が経過するにつれ、中の湯水は次第にぬるくなります。そのスピードが、速いか遅いかが断熱性能の差です。さらに、蓋を開けておくと、さらに速く湯水がぬるくなります。これが気密性を表します。魔法瓶とペットボトルを比べてください。どちらも蓋をしていれば気密性は非常に高いですね。しかし、どちらが先にぬるくなるか?答えはペットボトルです。

省エネ住宅は、このスピードが非常に遅い為、わずかな冷暖房で快適空間を長時間維持するのです。ですから断熱と気密どちらも性能が良くなければならないのです。

それでは、断熱性能の差とは何を基準に計ればいいのでしょうか?

住宅の断熱性能を左右する一番の要因は「断熱材の厚さ」とその「性能」です

断熱材の性能とは

熱抵抗

断熱材の性能は、熱がどの位伝わりにくいかということになります。それが、熱伝導率です。熱伝導率で断熱材の性能を測り、その断熱材の厚みがいくらなのかが大事な要素になります。
その関係を、数値で表したのが熱抵抗値(R値)と呼ばれるものです。

比較でわかる断熱性能

FPウレタン断熱パネル

SUGANOの家 断熱材
硬質ウレタン「FPウレタン断熱パネル」

高分子化学物ポリオールとイソシアネートを化学反応させ同時に成形したもの。生産工場での製造過程で、木枠パネルにウレタンをプレス機で圧力をかけて注入発泡し製品化しています。圧力をかけることで密度の高い硬質ウレタンとなり、さらにウレタンの樹脂成分が木枠と密着しパネルと一体となるため強度も高まります。「FPの家」FP工法に施工される断熱材です。

SUGANOの家 現場発泡断熱材
硬質ウレタン「アクアフォーム」

FPウレタン断熱パネル

通常ガスを使用して充填させることが多い断熱材。硬質ウレタンフォームの特性を生かし水を使って発泡させます。これにより柱と柱の間や、細かい部分にも隙間なく充填することができます。イソシアネートと水を混合することで発生する炭酸ガスを発泡材として利用する事で、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンを全く使用しない。地球にやさしいウレタンフォーム素材の断熱材です。

SUGANOの家データ
断熱性能(熱抵抗値(R値))の比較

以下は、主な工法の部位別熱抵抗値を計算したものです。天井または屋根、壁、床における熱抵抗値で、断熱性能の比較をしました。合計数値の欄の左側は天井断熱の場合、右側は屋根断熱の場合の計算値です。

軸組 使用断熱材 断熱材の厚さ(A) 熱伝導率(B) 熱抵抗値(R値)(A/B)
屋根 硬質ウレタンフォーム(ゼロフロン) 105 mm 0.023 W/mK 4.565 m2K/W
天井 天井吹き込み断熱材 250 mm 0.04 W/mK 6.250 m2K/W
硬質ウレタンフォーム(ゼロフロン) 105 mm 0.023 W/mK 4.565 m2K/W
硬質ウレタンフォーム(ゼロフロン) 88 mm 0.023 W/mK 3.826 m2K/W
合計 14.641 又は 12.957

SUGANOの家データ
各種断熱材の性能比較

各種断熱材の熱伝導率 熱伝導率
(W/mK)
密度
(kg/m3)
FPウレタン105mmと
同じ断熱性能を得る為の厚み(mm)
住宅用グラスウール16k相当 0.045 16 205 mm
セルローズファイバー 0.040 25 183 mm
住宅用ロックウール 0.036~0.038 30~100 164~173 mm
フェノールフォーム 0.030~0.036 30以上 137~164 mm
押出法ポリスチレンフォーム 0.028~0.040 20以上 128~183 mm
硬質ウレタンフォーム(現場発泡含む) 0.023~0.024 35以上 105~110 mm
FP硬質ウレタン 0.023 35~40 105 mm

SUGANOの家の断熱性能(FP硬質ウレタン)は、グラスウールと2倍の差。
断熱性能を表す「熱伝導率」は0.023W/mK以下。
断熱材としては最高レベルに近いものです。

グラスウールの場合

充填断熱 この住宅に使われている断熱材 断熱材の厚さ(A) 熱伝導率(B) 熱抵抗(R値)(A/B)
屋根 - - - -
天井 グラスウール16kg 220 mm 0.045 W/mK 4.889 m2K/W
グラスウール24kg 120 mm 0.038 W/mK 3.158 m2K/W
グラスウール16kg 200 mm 0.045 W/mK 4.444 m2K/W
合計 12.491

※ 問題点及び注意点
グラスウールを使用することによる壁体内結露の問題が心配される。

SUGANOの家は、1棟1棟 快適な住み心地を実証する気密測定・風量測定・揮発性有機化合物(VOC)室内環境測定を実施しています

注文住宅の悩みをお気軽にご相談・お問い合わせください。
電話で相談(TEL:0120-114-568)
メールで相談(メールフォームを開く)