頑丈な構造をつくる

現在のページ
栃木県の注文住宅 菅野建築 > SUGANOの家づくり > 性能へのこだわり > 頑丈な構造をつくる

頑丈な構造をつくる「耐震・強度の金物施工」

構造写真

家は大きな地震にも耐えうる構造でなくてはいけません。

従来の木造軸組み工法は、柱などを切りぬき、そこに先端を細くした梁を組み合わせるなどするため、木材の欠損部分が大きくなり地震の揺れなどが心配でした。より強固で確かな構造であるためには、構造計算によって耐震補強を施し土台や柱などの接合部を耐震金具で強度を強固します。

木材の削り取り部分を最小限に抑えながら軸組「継ぎ手」「仕口」部分を緊結しっかり固定する。筋違いをとめる金物補強は、建物を支え地震による触れを軽減させます。

100年耐える基礎をつくる

基礎をつくる

土間まで一体化したベタ基礎を標準

構造体をより強固に支えるため、基礎のコンクリートの内部にまで入り基礎と構造体が一体となり、すぐれた耐震性を発揮します。

  • 公庫基準以上の200mmピッチ配筋
  • 基礎立上り幅も15cmで耐久性UP
  • 基礎高350mmの高耐久

防湿シート施工

基礎コンクリートの下に防湿シートを敷き込み地面からの湿気を防ぎ、さらに床下の腐食を防ぐことが出来ます。

基礎換気工法

基礎と土台の間に硬質なゴムによる基礎パッキンを敷きます。

  • 土台からの湿気を基礎へ浸透するのを防ぎ、耐久性を向上させます。
  • 土台の腐れを防ぎ、シロアリや害虫を寄せ付けない環境をつくります。

地盤調査を全棟実施します

地盤調査

安心して暮らせる頑丈な家は、地盤から

どんなに家の構造が頑強でも、地盤が軟弱で基礎の施工が不適切であれば、耐震性や耐久性は発揮されなくなってしまいます。いつまでも安心して暮らせる、地震などから家族を守るためにもまず土地を見極めることが大切です。新しく購入した土地に建築する場合はもちろん、建替えの場合でも地盤調査は必要になります。建物の歪みなどの構造的な問題を検討し、不同沈下を未然に防ぐことが可能となるのです。

地盤調査方法

当社では「スウェーデン式サウンディング法」調査を全棟行っております。地盤調査にはいくつかの方法がありますが戸建て住宅で一般的に行われている方法です。検査報告書に基づき軟弱な地盤に対しては、補強工事を行います。

安心・安全な床下環境

床下環境

シロアリ防蟻・防腐材施工

基礎部分は、長く住み継がれるために特に丈夫であってほしい。

シロアリ駆除剤として使われていた使用禁止の薬剤がなくなったわけではありません。床下に危険な防蟻剤を使用し、汚染された床下からの空気は、当然のことながら室内にも巡ってきます。室内環境に気をつけていても安全でなければ意味がありません。

安心で確実な施工として薬剤を使用しない、人と環境にやさしい自然素材から作られたシロアリ防蟻・防腐材を塗布しています。シロアリ対策・防腐効果はもちろん、消臭・調湿効果にも優れた人体に安全な防蟻防腐材です。

将来のメンテナンス

将来のメンテナンス時に床下に入れるよう床下点検口及び根太や大引と床下コンクリート間を点検修理、交換のスペースとして基礎に人通口を設け、基礎強度を設計しています。

注文住宅の悩みをお気軽にご相談・お問い合わせください。
電話で相談(TEL:0120-114-568)
メールで相談(メールフォームを開く)