性能へのこだわり

現在のページ
栃木県の注文住宅 菅野建築 > SUGANOの家づくり > 性能へのこだわり

一年中快適な住まい「健康な暮らしのために」

住まいの敵は「結露」でした

壁の中の結露は住まいの大敵

結露は、私たちの健康に影響を及ぼすだけでなく、住宅の断熱性を劣化させ、柱や土台を腐らせるなど深刻な問題を引き起こします。

内部結露の怖さ

結露には、室内の温度差も発生原因のひとつでもある、外気の温度差によってできる表面結露と 壁の中に水蒸気が侵入してできる内部結露(壁体内結露)があります。とくに問題なのは、直接目に見えない内部結露の怖さにあります。結露が原因で発生する、カビやダニなどの生物的要因は少なくありません。 建物の材料を蝕んで土台や躯体が腐ってしまうケースもあるのです。結露の直接被害だけでなく、シロアリが家の土台や壁内を食い荒らすことで大切な家が腐り、崩壊に近づいてしまう恐れもあるのです。

腐らない家をつくる

グラスウール

繊維系断熱材(グラスウール)では施工上、隙間があいてしまう。(写真例)
隙間から抜ける空気は換気ではなく漏気です。コンセント周りや筋交部分の施工は特に難しく、建物に隙間が出来やすい上、柱と壁の間から泥水が浸入し、内部結露原因に大きな影響あたえるのです。強い雨風にさらされても構造や性能に影響のない “水に強い”家であることが最低限、必要な条件といえます。

結露が発生しにくく、喘息やアトピー性皮膚炎の原因といわれているダニやカビなどの発生を抑え、高い断熱性と気密性に加え、計画換気のバランスの良い住宅をつくる。健康な暮らしと長く住み継がれる住宅をつくる。“性能”にこだわる理由がそこにあるのです。

大切な家を守るために知ってほしいこと。住宅に用いる断熱材は外気だけでなく、内部水蒸気による結露の原因と対策に重要なのです。

注文住宅の悩みをお気軽にご相談・お問い合わせください。
電話で相談(TEL:0120-114-568)
メールで相談(メールフォームを開く)