FPの家の主な性能

現在のページ
栃木県の注文住宅 菅野建築 > FPの家 > FPの家の主な性能

冷蔵庫の3倍の断熱・保温性能

断熱・保温性能

保温する家 FPの家

床・壁・天井から熱が逃げにくいため、仕上げ材に充分に蓄熱され、表面温度も室内も同じ快適な温度となる。保温された状態で全室が均一な暖かさに包み込まれる。

保温しない家

床・壁・天井から熱が逃げてゆくため表面温度は低く、室内が20度であっても体では暖かく感じない。室温にムラを感じ、床や壁のそばが肌寒い。

「FPの家」は、「FPウレタン断熱パネル」で家全体を包み込む魔法瓶のような構造。柱の間に隙間なくはめ込まれたウレタン断熱材は、冷蔵庫で使用される3倍もの厚みがあるから断熱・保温性は抜群。外気温度を室内に伝えず、室内で暖めた温度を外に逃がしません。冬暖かく、夏涼しい快適空間を実現します。

頑丈な構造に支えられた耐震性

耐震性

FP軸組工法(壁組)

FPパネルは、軸とパネル、筋かいなどの一体形成構造が、、壁全体で外から加わる力を受け止めるために、局所に力が集中することはありません。そのため壁の変形が少なく、耐震性・耐風性が向上しています。

一般在来軸組(壁組)

一般在来の「点」と「線」による構造の軸組は水平に働く水平力(せん断力)や屋根、床などの家全体の重さでもある鉛直荷重(圧縮力)に対して、柱と筋かいに力が直接加わるため、局所に力が集中します。

「FPの家」は、硬質ウレタンと構造体を一体成型した「FPウレタン断熱パネル」を建物躯体に組み込んだ箱型構造。一般の工法の1.7倍もの壁強度で耐震性、耐風性を発揮。強度実験による実証を行っています。また、硬質ウレタン断熱材は、水に強く水害にもその耐水性の強さは実証されています。

きれいな空気と健康へのこだわり

室内の空気中には、目に見えない水蒸気やホコリ、カビ・ダニによるハウスダスト、化学物質が浮遊しています。断熱と高め、隙間を徹底的に無くすことで計画的に汚れた空気を排出して、新鮮な空気を供給。高断熱・高気密住宅には、欠かせない設備です。喘息・アトピー性皮膚炎になりにくく家族に優しい新鮮な空気環境をつくります。

家計に優しい省エネ住宅

熱損失係数(Q値)による省エネルギー比較
熱損失係数(Q値)による省エネルギー比較

家づくりのコストは、生活をはじめてからかかるランニングコストも踏まえて検討したいところ。高断熱・高気密「FPの家」は、冷暖房コストを大幅に削減し、オール電化を採用することでさらにお得になります。年間の光熱費もガスや灯油を併用した場合に比べ安く済むことが実証されており、安全性と経済性の両立が可能です。健康にも地球環境にも優しい「FPの家」です。

FP遮断パネルで屋根裏も快適

室内進入熱量比の比較

従来の家づくりでは 、小屋裏は50度近くにもなり、生活空間にはなりえませんでした。「FPの家」では、真夏の日射熱による室温の上昇を解消するため2層の通気層を持つアルミ遮熱シートとウレタン断熱パネルを組み合わせ、その複合効果で屋根の蓄熱を大幅にカットする構造となっています。従来は、デッドスペースだった小屋裏空間も居住空間としてフルに活用することが可能となり、ロフトや大きな吹抜け、傾斜天井など、自由で快適な空間設計ができるようになりました。

本当に快適か?実証します

無結露50年保証

「FPの家」は、本当に快適な家なのか?本当の家づくりに求められている性能を実証するために「気密測定」「風量測定」「室内環境測定」を1棟づつ測定を実施。ウレタン断熱パネルは、水にも湿気にも強く、経年変化も性能劣化も少ない証として50年の無結露を保証しています。

注文住宅の悩みをお気軽にご相談・お問い合わせください。
電話で相談(TEL:0120-114-568)
メールで相談(メールフォームを開く)