長期優良住宅とは

現在のページ
栃木県の注文住宅 菅野建築 > 長期優良住宅とは

より良い住宅をつくり、長期間しっかり守る

SUGANOの家づくりは、国が認めた「長期優良住宅」認定基準を標準対応しています。

「住まい性能」は、住まう家族の安全で快適な暮らしと健康を守るためにあると何より重視してまいりました。CO2を減らし、エネルギー効率のよい高気密・高断熱住宅に早くから取り組み、これまでお客様から喜びの声を頂いております。

木材を腐らせない耐震耐久性、しっかりした構造躯体である。ライフスタイルにあわせた価値ある家づくりをお届けします。

長期優良住宅とは

イメージ

一般住宅に比べ、耐久性・耐震性が高く省エネ性能に優れるなど長期間、良好な状態で住まい続けられる措置が講じられ、長期に渡る維持保全の計画がたてられている住宅が「長期優良住宅」です。

少子高齢化の進展や環境問題の深刻化など社会情勢の変化に伴い、住宅や居住環境の「質」の向上が求められています。廃棄物の抑制や環境負荷の低減を行うために、長く愛着を持ち住まい続けられる住宅をつくり、きちんとしたメンテナンスを続けることにより、住宅の価値を高め、良質なストックとして将来世代に継承していくことを目的としています。

平成18年6月 住生活基本法“量の確保”から“質の向上”、いわゆる「量から質」への転換。平成20年12月公布された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づき、平成21年6月4日から「長期優良住宅」の認定がはじまりました。

構造躯体が丈夫であることはもちろん、将来的に間取り変更ができる柔軟性をもち、さらに省エネなど一定基準以上の性能をもつ家を「長期優良住宅」というのです。

長期優良住宅「7つの認定基準」

長期優良住宅(戸建木造)として認められるためには「認定基準」を満たす必要があります。
良質な住宅が建築され、長期にわたり良好な状態で使用するため、耐久性・耐震性・維持保全容易性・可変性等を備えた住宅を認定します。

劣化対策(構造躯体の耐久性)

[ 劣化対策 等級3 + α ]

数世代にわたり住宅の構造躯体が使用できること

通常想定される維持管理条件下で、構造躯体の使用継続期間が 少なくとも100年程度となる措置。

木造

  • 床下及び小屋裏の点検口を設置すること
  • 点検のため、床下空間を一定の高さに確保すること
  • 外壁の通気構造もしくは、軒の出90cm以上の真壁構造とすること

耐震性

[ 耐震等級(倒壊防止) 等級2 ]

極めて稀に発生する地震に対し、継続利用のための改修を容易にするため、損傷レベルの低減を図ること

大規模地震力に対する変形を一定以下に抑制する措置を講じる。

地震に対する耐力による場合

建築基準法レベルの1.25倍の地震力に対して倒壊しないこと。

免震建築物による場合

住宅品確法に定める建築物であること。

省エネルギー性

[ 省エネルギー対策 等級4 ]

必要な断熱性能等の省エネルギー性能が確保されていること

省エネ法に規定する平成11年省エネ基準に適合すること。

維持管理・更新の容易性

[ 維持管理対策 等級3 ]

構造躯体に比べて耐用年数が短い内装・設備について、維持管理(清掃・点検・補修・更新)を容易に行うために必要な措置が講じられていること

  • 構造躯体に影響を与えることなく、配管の維持管理を行うことができること
  • 更新時の工事が軽減される措置が講じられていること等

住戸面積

良好な居住水準を確保するため必要な規模を有すること

  • 75平米以上(2人世帯の一般型誘導居住面積水準)
  • 少なくとも1階の床面積が40平米以上(階段部分を除く面積)

所管行政庁により、地域の実情に応じて引上げ、引下げが可能です。ただし、55平米(1人世帯の誘導居住面積水準)を下限とする。

維持保全計画

建築時から将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されていること

維持保全計画に記載すべき項目については、

  1. 構造耐力上主要な部分
  2. 雨水の浸入を防止する部分
  3. 給水・排水の設備について、点検の時期

内容を定めること。 少なくとも10年毎に点検を実施すること。

居住環境

良好な景観の形成その他の地域における居住環境の維持及び向上に配慮されたものであること

地区計画、景観計画、条例によるまちなみ等の計画、建築協定、景観協定等の区域内にある場合には、これらの内容と調和が図られること。

注文住宅の悩みをお気軽にご相談・お問い合わせください。
電話で相談(TEL:0120-114-568)
メールで相談(メールフォームを開く)