ゼロエネルギー住宅とは

現在のページ
栃木県の注文住宅 菅野建築 > ゼロエネルギー住宅とは

ゼロエネルギー住宅とは

消費エネルギーを賄う

ゼロエネルギー住宅とは、建物を高気密・高断熱化し、家庭で使う電気やガスの消費エネルギーを太陽光発電システムなどでつくるエネルギーで賄うことで主な消費エネルギーを限りなくゼロにする住宅です。

残念なことに家本体の性能が不十分であれば、エネルギー(電力)のムダ使いになり、光熱費に大きな影響を与えてしまいます。そこで、『高気密・高断熱化』+『創エネ設備』+『高効率な住宅設備』といった要素を組み合わせることによってエネルギーを大切にする省エネ住宅を実現しました。

【図解】これがゼロエネルギー住宅”

ゼロエネルギー住宅

毎月の光熱費。明細を見るたび「今月は高い!」とか「ちょっと節約しなきゃ!」など、ため息をつかれている方も少なくないのでは?

そうは言っても毎日の光熱費を節約によって減らすのはなかなか難しいものです。暑いのにエアコンを切ったり、寒さに耐えて暖房をつけずに過ごすなど、快適さを犠牲にしているのではないでしょうか。

FPの家でつくるゼロエネルギー住宅なら、建物の性能を高めてエネルギー利用量を最低限に抑えるだけでなく、冬は太陽熱を利用し、夏はそれを遮り、風を通す。 自然を取り込み、節約や我慢をしなくても一年中快適に省エネ生活を送ることができ環境にも家計にもやさしいこれからの住まいです。

ゼロエネルギー住宅の特徴

ゼロエネルギー住宅の3つの秘密

高気密・高断熱化

FPの家

ゼロエネルギー住宅にとって重要なのが、住宅自身の性能をあげること。せっかく節電や発電しながら、温かくしたり涼しくした快適な温度を、無駄に外に逃してしまようでは意味がありません。断熱効果の高い断熱材で家中を包み込み、熱が逃げないように隙間を埋める住宅の高気密・高断熱化が絶対条件となります。

FPの家では、床・壁・天井に隙間なく入れた硬質ウレタンやセルロースファイバーが熱を外に逃がさないため、夏暑くなく、冬寒くない、家中が快適なのに省エネ。だから、光熱費を大きく抑えます。

FPの家についてはこちら

高効率な住宅設備

オール電化

お湯を沸かす、調理する、冷暖房するといったエネルギーを全て賄う住宅をオール電化住宅と言います。全てのエネルギーを電気で賄うため、電気代が高くなるのではと思われるかもしれませんが、実際には電気料金の安い深夜割引を利用することで大幅に節約が可能です。

省エネ家電以外にも、遮熱対策で庇やよしずを取り付けたり、窓ガラスを遮熱高断熱複層ガラスにするなど、上手に自然とつきあうことでさらに高い省エネ効果が得られます。

創エネ設備

エネルギー効率の良いオール電化住宅にして、節電努力をしたとしてもそれだけではゼロエネルギー住宅にはなりません。そこで必要になるので、自ら電力をつくり出すという発想です。

太陽光発電は永続的で膨大な量の太陽光エネルギーを利用して電気をつくり出そうというもの。屋根にとり付けた太陽電池により発電した直流をパワーコンディショナに通すことによって電力会社と同じ電気(交流)に変換。様々な家電製品に電気を供給します。発電電力が消費電力をオーバーした場合には、電力会社へ逆送電し、電気を買い取ってもらい、夜間などは、料金の安い深夜電力を使用することが出来ます。昼間は太陽光発電で賄い、光熱費がかかる給湯に割安な深夜電力を使用することで電気代を大幅にダウンさせることができます。

注文住宅の悩みをお気軽にご相談・お問い合わせください。
電話で相談(TEL:0120-114-568)
メールで相談(メールフォームを開く)