メニューを開く

ニュース&トピックス

内部構造

一般的に壁は、柱、間柱(まばしら)、筋交い、断熱材、外装材、その他の面材で構成されています。

「FPの家」では、一体形成した硬質ウレタン断熱パネルを柱の間に組み込んでいるのが最大の特徴です。

パネルの内部には筋交いが形成され、断熱材としてだけでなく、地震や台風など外部の力から家を守る構造材として役割を果たします。


 
床は、FPウレタン床断熱パネルが敷き込めれます。


間柱と筋交い、金物が設置されます。







  
柱と筋交いを接合する金物です。
横架材にしっかり固定します。

水平力(強い横からの力)による変形を防ぐため、柱と梁などの部材をしっかり接合する必要があります。

地震に強い建物かどうか、金物の設計と耐力壁部材の接合が重要なのです。




 

外部は屋根工事に入り、
壁は透湿防水シート工事となります。

透湿防水シートとは
壁内の水蒸気を通気層から吐きだすための透湿機能と通気層に入ってくる水蒸気を壁内に侵入させない働きがあります。