メニューを開く

ニュース&トピックス

現在のページ
栃木県の注文住宅 菅野建築 > ニュース&トピックス > 建築レポート > 換気システム・内装工事

換気システム・内装工事

計画換気とは
機械によって汚れた空気を排出し、新鮮な空気を取り入れる仕組みです。
換気の目的は余分な湿気、ホコリや臭気などを含む汚れた空気を室外に排出し、新鮮な空気を取り入れること。
←こちらが排気ダクト
事前に家族人数や間取り、住まい方によって「換気の設計」を行います。
想定される生活により換気経路や換気の場所、換気量の配分はそれぞれ異なったものとなります。




 ←24時間換気システム(本体)
断熱・気密の性能が高くなるほど、エネルギーのムダを
省き、健全な室内環境を保つ上で計画換気は欠かせません。
換気装置を取付ければよいというわけではなく、
建物自体の気密が低ければ効率的な換気はできません

全棟完成時に風量・気密測定を実施
高性能の家づくりを支える実証として、完成時に全棟で
「風量測定」「気密測定」「環境測定」を実施しています。計画換気の機能が正常に働いているか、風量測定を行い、換気量を確認します。
気密測定とあわせ換気には細心の注意を払っています。







 

階段が取り付けられました。
壁・天井はボード貼り付けていきます。
壁がどんどん出来上がり、お部屋が見えてきます。


壁の寸法にあわせてカットしながらの作業となり、
室内に粉がまってホコリっぽくなります。
きれいな現場を心がけ
この時期の大工さんは、清掃にも大忙し。
(ご苦労さまです)

 

ウチCoCo性能見学会では
たくさんの心地いいを探険していただけました。
ご参加いただき、ありがとうございました。

今月 3月28日(土)3月29日(日)ウチCoC完成見学会を開催します!!