space
現在のページ
栃木県の注文住宅 菅野建築 > ニュース&トピックス > モデルハウス > 「ゼロエネルギー住宅」断熱工事

「ゼロエネルギー住宅」断熱工事


FPパネル 断熱材を入れる工事に入りました。

写真(左)は、1Fになります。
オレンジ色になっているのは、安全性が高い乳化性の薬剤で「防腐防蟻処理」されているためです。
「防腐」とは木材に腐朽菌や虫がつくのを防ぐことで、「防蟻」とはシロアリを防ぐこと。
木部の劣化対策として「構造耐力上主要な部分は地面から1m以内に防腐・防蟻処理」が規定されています。

写真(右)は、2Fの様子です。

 

「FPの家」では、水発泡硬質ウレタンフォームを注入し、一体成形した硬質ウレタン断熱パネル
[FPパネル]を柱の間に組み込んでいるのが最大の特徴です。
魔法瓶や冷蔵庫の断熱材にも、使われている素材になります。

グラスウールなどの繊維系断熱材を用いる一般の工法と比較すると・・・
厚さ105㎜のウレタンパネルの断熱性能は、グラスウールの2倍。
構造体の傷みの原因は壁体内結露ですが[FPパネル]は、それ自体で水分を吸収することは
ほとんどありません。



「構造体を雨に濡らさない」現場を徹底してます。
建て方終了時にブルーシートで覆うため、残念ながら外からは見れません。
この薄暗い中、職人さん達は作業に励んでくれています。(いつもご苦労様です)

もっと見たいという方へ 実際の施工を見てください。動画配信→FP断熱パネル搬入・取付施工





「FPの家」をご存知の方、初めて聞いた方 、
ゼロエネルギー住宅に興味があるという方は、お気軽にご相談ください。