space
現在のページ
栃木県の注文住宅 菅野建築 > ニュース&トピックス > モデルハウス > 「ゼロエネルギー住宅」気密工事

「ゼロエネルギー住宅」気密工事




FPウレタン断熱パネルの気密施工に入りました。
現場で組み込まれたFP断熱パネルは、さらに気密テープによって密閉されます。
パネルと柱・梁との接合部はもちろん、窓などの開口部にも貼られ、徹底して隙間をつくらない。
気密対策が図られます。

夏の暑さや冬の寒さなど、気候に影響されることなく、いつでも快適な環境を保つには
住宅の断熱性能と気密性能が大きく関わっています。

断熱材そのものが高い断熱性を持っていなければ、夏の冷房や冬の暖房による室内の空気が
自然と逃げていきやすくなります。
また、断熱性だけではなく気密性が低くては隙間から空気が逃げたり、入ってきたり、外気の
影響を受けやすくなります。


屋根工事が終了した外観は、こんな様子です。
ブルーシートに覆われたものが気になります・・・
後にあきらかにいたします。




外壁工事に入る前に透湿防水シートを施工します。
透湿防水シートは、横貼りを基本とし上下部分は重ねるようにします。

外壁など外まわりのほか、内部仕様なども追加をしていきます。

建築中の建物が見られるのは今だけ!随時、現場をご案内いたします。

「FPの家」をご存知の方、初めて聞いた方 、
ゼロエネルギー住宅に興味があるという方は、お気軽にご相談ください。